腰痛 ヘルニア

これは必見!腰を痛めない正しい姿勢と腰を痛める悪い姿勢

貴方は、姿勢が腰の痛みに一体どのような影響をもたらしているかを知っていますか?実は、姿勢こそ腰の痛みに大きく色々な影響を及ぼしているモノはある意味ないのでは…という認識をご存じでしょうか?まさに姿勢と腰の痛み程、腐れ縁の如く切っては切れない関係も他に見当たらない、と言っても過言ではないのです。では、一体姿勢と腰痛のその切っても切れない腐れ縁的な関係とは、一体どういうモノでしょう?

そこで、腰痛になってしまいやすい主な職業や、正しい姿勢と悪い姿勢について色々とご紹介していってみる事にしてみましょう。

1重い荷物を取り扱う仕事の時の正しい姿勢と悪い姿勢
職業で言ってみると、製造業・運送業・建設・建築業等が代表として挙げる事ができます。特に重量物を取り扱う機会が日常的に多いので、少しずつだけではなく腰に痛みや疲れが溜まっていき、腰痛を引き起こしてしまう危険性も高確率の職業と言われています。腰を痛めないポイントとしては、持つ時に荷物が体から離れた姿勢だと、腰への負荷が増加してしまう悪い姿勢になってしまいます。荷物を持つ時の正しい姿勢は、膝はできるだけ伸ばした状態で、しっかりと腰をお尻から垂直に落としてから持ち上げましょう。膝を十分に曲げてから低い位置の荷物を持ち上げる事もポイントです。

2立ち仕事の時の正しい姿勢と悪い姿勢
飲食業・警備業・小売業等の職業は、特に立ち時間の長い仕事として認識されています。例えば、女性の場合は明らかに高さのあるハイヒール系の靴を履く事は避けておきましょう。また、立ち仕事で休憩中に腰を丸くするような楽な姿勢をとりたがる気持ちはわからないではないですが、これは腰を痛めてしまう悪い姿勢の一つです。立ち仕事をしている時は、背筋をピンと張って真っ直ぐにする事を心掛けながら、足を前後に間隔的に組み替えたり・片足を前に出しておく事も正しい姿勢の一つとされています。

3福祉・医療系の仕事の時の正しい姿勢と悪い姿勢
主に福祉・医療系の職業は、腰を曲げる動作が多いモノの一つとされています。腰を痛めてしまう悪い姿勢は、前かがみの姿勢の状態で腰を曲げてしまう動作だと言われています。ここで言う正しい動作とは、立ち上がりの補助の動作の時は、介助される人の体重を真正面から支えて膝の曲げ伸ばしを使って補助をする事です。起き上がりの補助の動作の時の正しい姿勢は、よくある悪い姿勢が上半身のみを使って、介助される人の体を抱きかかえて起こそうとする場合に背筋や腰を痛めてしまう事が多いとされています。まず、体全体を使って横になっている人の近くに膝をついて、首の後ろ側に手を回して肩を抱いてから、逆側の膝を曲げつつ重心を移していく事が正しい姿勢の一つとされています。

この他にも、日常生活上でよく見られる正しい姿勢と悪い姿勢を紹介していきましょう。

1自動車等の運転を中心としている時
自動車等を運転している時の座っている姿勢は、もはや座っている姿勢そのものが車体の振動が背骨や腰に響いて負荷をかけてしまう悪い姿勢になってしまっています。シートの高さをまめに調整した上で、シートに深く腰かけて座ります。シートに背をきちんと密着させて、足を伸ばしきらずにペダルを踏む事ができる位置に調節しておく事が正しい姿勢の一つとされています。

2長時間座っている時
悪い姿勢は、背中を丸くしてチェアー等に長時間座っている姿勢です。チェアー等をデスクに近づけて、深く腰をかけて座りる姿勢が正しい姿勢の一つとされています。時々で構いませんので、背筋がきちんと真っ直ぐに伸びているかチェックしてみましょう。

どんどん注目を浴びる腰痛の治療・カイロプラクティックを知ろう

最近、注目を浴びている腰痛の治療法の一つとして、「カイロプラクティック」という治療法が注目を浴びてきています。ん…何だかちょっと聞き慣れないぞ…と感じた方は、どうぞここで少しでもカイロプラクティックの知識を学んでいってみては如何でしょうか。

よくTV等を見ていると、ポキポキと背骨やその他の骨をちょっと鳴らしてしまっただけで、嘘のように腰の痛みが跡形もなく取れてしまう…。これこそが、まさにギリシャ語でカイロ(手)とプラクティクス(技)を組み合わせた手技での治療法「カイロプラクティック」と呼ばれているモノなのです。このカイロプラクティックは、患部に手を当てて貰う事で、患者にとても大きなゆとりと安心させる効果を与えてくれるので、肉体的・精神的にもとても深みのある安心感とリラックス効果を生み出してくれるので、腰痛を抱えてしまっている人にもとても効果的な治療法なのです。

カイロプラクティックは、手技だけを使って手や足や背骨の関節や腰に起きてしまった痛みや歪みを矯正する働きを持っています。その歴史は、1895年にアメリカのD.D.パーマーという人物が、背中の骨格を主として骨のひずみをアジャスメント(手技)で調節します。するとその手技の効果によって、神経の働きを向上させて、その患者の健康を回復へと導いてくれる新しいヘルスケアなのです。

このカイロプラクティックは、神経を仲介し、背骨と関連性を持っている姿勢を健康に結びつけて、患者の骨格のひずみの一因になってしまっている、著しくその働きが失われつつある関節の機能やその神経の活動に支障をきたしているサブラクセーション(箇所)を取り除いて、神経と肉体のバランスを整えて、肉体的・精神的にも健康の回復を取り戻していく、というモノなのです。勿論、腰痛の回復をも取り戻してくれる、という効能を持ち併せているのです。

今やカイロプラクティックは、アメリカ以外でも、カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・スイス・イギリス等のヨーロッパを含めた各国では、専門的な資格としての職業となっており、あのWHO(世界保健機関からも認められているヘルスケアとして世界的に広がりをみせつつある新しい治療法なのです。我が国では、日本ダウ意表団体(一般社団法人日本カイロプラクターズ協会)として機能しています。

それでは、ここでカイロプラクティックの負適応症と適応症の種類を、それぞれ挙げていってみる事にしましょう。

不適応症
1刺激を回避しなければならない病気。
2癌。
3高熱の病気。
4脱臼。
5伝染病。
6出血してしまいやすい病気。
7骨折。

適応症
1頭部…頭痛・鞭打ち・眼精疲労・顎への痛み・寝違え・目眩・交通事故が原因となっている首への痛み。
2手部…手への痛みや痺れ・腕や肘への痛み・テニス肘・ゴルフ肘。
3背中や腰部…背部痛・ぎっくり腰・股関節への痛み・腰痛・坐骨神経痛・出産前や出産後の腰痛。
4肩…肩凝り・肩甲骨への痛み・痺れ・四十肩・五十肩。
5足部…足への痛みや痺れ・足等への関節や筋肉への痛み・膝への痛み・外反母趾から起きる痛み。

もしもカイロプラクティック院等の病院へ通院する事を考えている時には、これらの負適応症・適応症の種類を覚えておくとよいでしょう。カイロプラクティック院とは、主に腰からきている痛みや腰痛で悩んでいる人達が、生命に危険が及んでしまう病気であるか・ないかを正確に判断して貰い的確な治療を受ける為の治療機関なのです。電話等で、ぜひ良いカイロプラクティック院を見つけましょう。

腰を痛めない椅子の上手な座り方を工夫してみよう

そこの貴方。もしかして、腰に痛みが走っていませんか?もし、腰に痛みが走っている時、例えばデスクワークの人なら、普段使っている椅子だけではなく、その座り方についても疑問を持ってみましょう。という訳で、ここでは腰を痛めない為の椅子の選び方や、腰を痛めずに椅子に座るその座り方等を、紹介していこうと思います。

腰を痛めない為の椅子の選び方には、実はこういう理論があります。椅子に座る姿勢次第で、腰にかかってくる力は大きく変化してくるのです。もし上半身を前倒し気味で椅子に座っているという時には、立っている時の実に二倍以上の力が腰に負荷している事がわかってきています。椅子に座る事で、筋肉や椎間板や骨にかかってくる負荷も、同等に増えてきているのです。椅子に座る事で足の筋肉を休ませる事はできても、実は腰は休まっている暇がない、という状態に陥ってしまっているのです。

そこで、ここで椅子に座っている時に負荷がかかっている座り方を一つ上げてみましょう。

椅子に浅く腰をかけていて、力を抜いたままでダラッと背もたれに体を預けて椅子に座っている状態です。この体制でいた場合、腰や椎間板や筋肉等に体重等の負荷が大きくかかってしまっている状態になってしまっているのです。

では、腰や椎間板や筋肉等に負荷がかからない、正しい椅子の座り方を説明しましょう。

1背筋を真っ直ぐに伸ばして、椅子の背もたれにきちんとお尻が密着する位の深さを目安に、椅子に深く腰掛けて座る事です。

2この体勢で椅子に長い時間座るという場合は、こまめに両足を組み替える事を欠かさずに足を組んでいくとよいでしょう。椅子に座っている時に足を組む、という行為は、背骨のカーブを矯正し、体の緊張している筋肉を和らげてくれる働きを持っているのです。

もし、企業や会社のオフィス等の変更の利きにくい椅子の場合に、この方法を試してみてはいかがでしょうか。

しかし、もし使っている椅子が管理職クラスになってくると、椅子が高級な椅子へと変わってきます。勿論、初めの内は嬉しい座り心地でしょう。ですが腰痛持の人が管理職クラスに昇進して椅子が高級なモノへと変わってくると、痛めている腰の方が、高級な椅子に対応し切れない事もあり得るのです。ですが、職場には色々な種類の椅子があるはずです。中には倉庫等で眠ったままの高級な椅子こそが、腰痛持ちの人にピッタリと合った椅子を見つける事ができた、という例だって少なくないのです。自分のステイタスに合った椅子を見つけ出して変えてみた、というだけでまるで嘘のように腰痛が跡形もなく消えてしまう事だってあるのです。

よい椅子選びは、腰痛持ちの人の腰の痛みを確実に改善していく事もできるのです。ここで、長い時間ずっと座る事になる椅子の各部分のポイントを紹介していきましょう。

1背もたれ
背の上までカバーできるだけの長さがあり、100度角度に傾斜がある椅子です。

2座面
丸みがあり、脚の血管や神経に負荷をかけないモノです。さらに座面が前傾している椅子だと、座った時に背筋が無理なく伸びます。

3高さ調節機能
使う人の身長に合った調整ができる椅子です。

4肘かけ
腕を置いた時の高さが、肩が上がってしまう事がない程度の椅子が望ましいでしょう。そういう椅子は、立つ時の動きの手助けをしてくれる役割を自然と担ってくれます。

5腰当
背中のカーブと疲れにくい姿勢を自然に保ってくれる効果があります。

咳をする度に腰にとても痛く響いてしまうって、本当?

例えば、ふとした時に風邪になってしまったとします。「コン・コン…」と、喉がイガラっぽい感覚に陥ってしまい、咳が出てしまう、という事が一般的な症状でしょう。この咳と腰の痛みが、実は意外な関係で繋がっているとされているのです。それでは、咳の種類や腰痛との関連性・咳が原因で起きてしまう腰の痛みには何が有効な手段なのか、を述べていきたいと思います。

まず、咳の原因について語っていかなければなりません。咳とは、人間が風邪を引いてしまった時に、体の中にウイルスや風邪の菌や異物を、体の外へ排出する為の本能的な防御反応の一つなのです。風邪で熱が起こってしまうという現象も、体の中で風邪の病原菌やウイルスうや菌と体を死守する為に必死に戦っている事を指しているのです。咳も、体を死守する為に必死で戦っている防御の一つという事は、簡単に薬を処方して貰って熱や咳を制限する、という行為は、実はあまり良い行為である、とは言い切れないモノなのです。

しかし、もし風邪で咳を患っている人が実は腰に痛みがある、という場合は、話が若干変わってくるのです。腰痛持ちの人は咳をすると同時に、ピリピリとした痛みが痛みを患っている腰の方まで響いてしまって、その瞬間に腰痛の痛みが引き起こされてしまう事があるのです。

もっと咳が激しくなってくると、咳の反動で普通の腰の痛みが椎間板ヘルニアに変貌してしまった結果、決して軽い症状とは言えない腰痛持ちになってしまう、事もあり得ない話ではないのです。

それ程ひどい症状ではないという咳にしても、風邪が長引いて咳が止まらないという結果、体の筋肉が筋肉痛になってしまって腰痛を患ってしまう、といった事だってあり得るのです。

ここで、風邪を引いてしまい、咳が長びて止まらない、という場合の咳による腰の痛みを紹介していきましょう。

1腹直筋
割れた腹筋を指します。腰と背中の下部に痛みが表れます。お腹を押してみると痛みが走るという症状は、腹直筋が緊張している証拠です。

2横隔膜
咳による痛みが胃の裏側と背中に出てしまった結果、腰痛となってしまいます。

3腸腰筋
大腰筋・腸骨筋・小溶菌から成り立っている箇所となっています。咳が出る事による痛みは、脚と腰の付け根に出る場合が多いとされています。腸骨筋の場合は、骨盤の内側の骨を押すと痛みが走る事があります。

4腰方形筋
腰のやや脇側にある筋肉が咳等で緊張した場合、腰に痛みが走ります。

5多裂筋
背骨の脇側のすぐ近くに存在している深めの筋肉です。咳等で緊張した場合、腰に痛みが走ります。

6胸・胸最長筋・腰腫肋筋
背骨の横にある太めの背筋となっています。咳等で緊張した場合、腰に痛みが走ります。

咳で腰に痛みが走ってしまった結果、腰痛になってしまうモノがこれだけある、という事がお分かり頂けたでしょうか。ですが、こんなに症状が多いとなると、咳をした事が原因で腰に痛みが走ってしまう腰痛には、何か有効な手段はないのでしょうか?

いいえ、有効な手段はありますよ。咳による腰痛には、何と「コルセット」が最適である、とされているのです。

実は、コルセットの効能は、腰痛に対する腹圧を上げてくれるのです。咳で腰に痛みが走ってしまうのは、腹筋が動いて腹圧が変化するからなのですから、腹圧をあげてしまえばいいのです。コルセットを着けた事で腰の痛みが和らぐ様であれば、咳が収まるまではコルセットを肌身離さない事です。

ゴルフで腰痛を起こしてしまう?その実態と治療

私がいつか一度はやってみたいスポーツの一つこそが、「ゴルフ」です。淡々と自分のプレーやゴルフスタイルを追求していけるこのスポーツは、老若男女に愛されている、今や世界的なスポーツです。日本だけでなく、世界各地のメジャーなゴルフ大会で今なお活躍しているプロゴルファー達は今もなお後を絶つ事はないという、それ程魅力的なスポーツなのです。しかしこうしたゴルファーの人達が、ゴルフが原因で腰痛持ちになってしまう、という事は、実は決して珍しい事ではないのです。そこでここでは、ゴルファーの身に起きてしまう腰痛の実態と、どのように改善してきたかについてまとめていきたいと思います。

では、まずどうしてゴルフをやっているゴルファーの人達に腰痛持ちが多いのかと言うと、実はゴルフクラブを握ってスイングするという事自体、腰にとっては易しいモノでない、という事なのです。

それでは、ここでゴルファーの腰痛の原因になってしまいやすいスイングを紹介していく事にしていきましょう。

1バックスイング
このスイングでは、引っ掛け・シャンク等も腰痛になってしまいやすい原因の一つです。しかし、このスイングで最も腰痛になってしまいやすい欠点と言われているのが、通称「リバースピポッド」と呼ばれているモノです。ゴルファー本人が実はこのリバースピボットにはなかなか気づきにくいので、背骨が左側に寄ってしまう事が多く、バックスイングからトップにかけて腰を間違った方向へと反らせてしまう事が多いと言われています。

2スライスとカットスイング
スライスとカットスイングを打っているゴルファーの場合には、フィニッシュの時に右肩が下がってしまうという傾向があります。その逆としてドローを打っているゴルファーの場合は、フィニッシュの時に右肩の方がカットスイングと比較しても高く収まる傾向が見られます。右肩が下がってしまうという事は、その分だけ腰にあらぬ負荷がかかってくる、という事になりますので、もし腰痛を持っているゴルファーの場合は、フェードよりもドローを打っていった方が、腰の痛みを和らげてくれるだろう、と思います。

3アドレス
猫背になっているアドレスは、腰を痛める直接的な要因になってしまいます。両膝のみ・両肩のみ等、体の各部分がオープンになっていたり、構えがクローズになってしまっている、というのは、意外とゴルファーに多く見られる腰痛の原因の一つなのです。

4フィニッシュ
リバースピボットが原因になっている事も多数あります。これ以外に腰を痛める原因になっているのは、実は一昔前では当然であった「逆Cのフィニッシュ」も、今や腰を痛めて腰痛を引き起こしてしまう立派な原因の一つとされています。

では、こうした事を治して腰痛を防ぐには、どうしたらいのでしょうか。誤解しないでほしいのは、」ゴルフは、決して腰痛の原因になるスポーツではありません。正しい姿勢と体の使い方を、きちんと覚えて実践する事なのです。欧州では、正しい姿勢と体の使い方をしっかりと覚えた結果、腰痛の人は今や一握りだそうです。

ゴルフをする時の体の使い方も、筋肉は「鍛える」のではなく、要は合理的に「使えば」いいのです。

姿勢が悪くなった結果、普段使っていない筋肉を必要な時に合理的に使えば、それで十分腰の痛みはやがてなくなっていくモノなのです。

まず、ゴルフをやる前には、ストレッチ等の入念なストレッチや体操を欠かさず、姿勢を正してやっていけば、腰の痛みは十分防ぐ事ができるという事です。

要注意!腰の痛みと下痢に気をつけておかないと大変な事に…

腰痛と下痢。実は、この二種類は要注意事項とされているモノなのです。腰痛と下痢の直接的な関係は、実は未だになかなか解明されていない、というのが現状のようなのです。それでは、何か私達で腰痛と下痢について今の内にやっておける事は何かないのでしょうか?やっぱり、私達が普段からやっておける事と言えば、ここで腰痛と下痢について少しでも多くの事を学んでおく、という事でしょう。という訳で、今回は、腰痛と下痢について少しでも知っていきたいと思います。

ここでは、腰痛と下痢が同時に起こってしまうパターンがあります。実は、これらの症状が起きてしまうには、れっきとした理由があるのです。これらの症状が起きてしまう理由は、腰を痛めてしまう事により体の骨や筋肉のバランスが保たれなくなってしまいます。その結果、体の各部分に冷えが発生していたり、内臓の不具合にってよって腰痛を引き起こしてしまっている、という原因が考えられます。

病院などに通院し、もし仮に下痢が起きてしまった原因が、内臓のどこかに疾患や異常が起きてしまっている、と診断されてしまった時は、即ち癌などの生命の危険に晒されてしまう危険性のある病気が体の中に潜伏している可能性も十分に考えられますので、続けて通院し、MRI・CTスキャン・レントゲン検査等の綿密な検査や治療を受診される事をおススメします。

もし、体が冷え等の症状を起こしてしまっているという状態の時には、氷等が入っている冷たい飲み物・清涼飲料水・露出の多い体を冷やしてしまう服装・アイスクリームやシャーベットやかき氷等の体の冷えを増幅させてしまう効果のあるモノはできるだけ避けておくべきでしょう。

しかし、こうした方法はあくまで一時的な効果のある応急処置的な方法になりますので、勿論根本的な解決には繋がりません。さらに、体が冷えてしまう事で、体の中の血の巡りに悪影響を及ぼし、ぎっくり腰等の腰を痛めるリスクを高めていってしまうのです。

それでは、一体どうしたら根本的な解決に繋がるのか、というと、毎日の食事も関係あります。栄養バランスのとれている食事を普段から心掛けて体温を適度な温度に上げておく事に努める事です。また、体操やストレッチ等の体を必要以上に酷使しない程度の運動を日常的にしておく事によって、体の筋肉の増強に努めたり・基礎代謝を向上しておく事です。普段からこれを心掛けて実践していく事で、体の冷えも収まっていき、下痢も腰痛も収まっていく、という効果も見えてくるでしょう。

もう一つ、下痢とぎっくり腰を同時に発症してしまう、という例もあります。簡単に言ってしまえば、冷えによる下痢が起きている人は、ぎっくり腰も起きてしまいやすい、という事なのです。という事は、下痢や腰痛をそれぞれ分けて考えて一つずつ治していこう、とするよりも、普段から体のバランスができるだけ均一にとっていけるような改善方法に努めていった方が、根本的な解決策に繋がってくるのです。

繰り返すようですが、やはり何と言っても毎日の食事のバランスをしっかり考えていく事に加えて、ウォーキングや徒歩等の適切に体を動かす行為こそが、長期的に腰痛や下痢を弾き飛ばす強靭な体を作ってくれるのですが、これに付け加えておく事があります。それは、腰痛は内臓の異常を知らせてくれるサインであり、下痢がサインとなる病気も多々ある、という事です。決して軽視しない事です。

腰が痛い人が自転車に乗れる方法を研究しよう

ちょっと質問です。貴方は、普段、自転車に乗りますか?現代は、勤務先のコスト削減の煽り故に交通費がなかなかでないので自転車通勤をしている為・あまり体を動かさない人の健康療法の為・サイクリングが好きな為等、実に様々な理由で自転車に乗る人が昔よりも増えています。私も、普通の自転車とマウンテンバイクを足して2で割ったような「クロスバイク」という、いわゆる市街地用のマウンテンバイクとも呼べる自転車に乗っていた事がありました。しかし、腰痛持ちの人は、自転車に乗る事に躊躇いが出てしまう方の方が、実は多いのではないでしょうか。そこで今回は、腰痛持ちの人がどうしたら自転車に乗れるだろうか、という事を考えていきたいと思います。

まず、根本的な疑問として、自転車に乗る事は、腰痛持ちの人にとって良い事なのか?悪い事なのか?という事です。私もかつて腰を痛めてしまった時にクロスバイクに乗っていた経験がありますが、個人的にはあまり良い事ではないのでは…と思っていました。というのが、正直な感想です。

私が腰を痛めてしまった時に乗っていたクロスバイクとは、マウンテンバイクを市街地イコール街の中でマウンテンバイクの様にスイスイと効率良く走れる事を目的として作られた自転車でした。しかし、街の中でクロスバイクに乗るとはいえ、マウンテンバイクのようにそこまで長い距離をひたすら漕ぐ、という訳ではありませんので、せいぜいクロスバイクで街の中を勤務先まで往復20キロにも満たない距離を行き来する程度でした。正直…クロスバイクに乗って普通にペダルを漕いでいる時はやはり腰の痛みもそれなりにあったものです。しかし、この憎むべき腰の痛みは何とクロスバイクから降りた途端に腰の痛みがまるで嘘の様に消えてしまうのです。

しかし、自転車に乗り続けている間に、だんだんと腰の痛みは収まっていったのです。「何故だろう?」とその理由を自分なりに分析してみた結果、自転車通勤をしている内に、自転車に乗っている事で腹筋や背筋が鍛えられていったようで、知らず知らずの間に鍛えられていなかった腹筋や背筋に筋肉がついていった様である事がわかってきました。

そもそも腰痛とは、腰のあたりの使っていない筋肉が著しく衰えて筋肉が落ちてしまった為に起きてしまう事で起きてしまう事が要因でもあるのです。しかし、クロスバイクにしばらく乗っていなかっただけで、やがてまた腰の痛みが出てくる様になってしまいました。やはり、継続して自転車に乗るという事は衰えてしまった筋肉を鍛えて腰の痛みを治すには効果があるみたいです。

そこで、腰痛持ちの人の為のおススメ自転車術を紹介します。

1できるだけママチャリを使う
自転車に乗って前かがみの姿勢で運転していると、少しずつ腰に尋常ではない負荷がかかってきてしまいます。腹筋や背筋に筋肉が足りない為に、腰痛になってしまうのです。ママチャリは、腹筋と背筋を使う機会は普通の自転車に比べて全然少ない為、自転車に長時間乗っていても腰を痛めにくいのです。多少お腹に力を入れたまま引っ込む姿勢で乗ると、腹筋を効率よく鍛えられます。

2サドルの高さに気を付ける
自転車のサドルは、高い位置にあっても低い位置にあっても、運転している時に姿勢は悪くなってしまうモノです。膝が多少曲げる事ができる程度の高さに、サドルの位置を調整してみて下さい。自転車に乗り降りする時に、腰をゆっくりとほんの少し回してから乗ると、骨盤の辺りの筋肉が緩みますよ。

たくさんの人達を悩ませる腰痛と尾てい骨を分析しよう

ある日、急に尾て,い骨辺りに激しい痛みを覚えてしまった…。実は、このような症状が体に表れてきた時には、腰痛と尾てい骨がとても関係している場合もあるのです。それでは、多くの人々を悩ませている、この罪作りな尾てい骨と腰痛について学んでいく事にしていきましょう。

例えば、Aさんが尾てい骨に痛みが走ってしまう為に、日常生活で普通に歩行する事が難しくなってしまった、とします。主な痛みが出てしまう場面としては、椅子に座る時に深めで垂直に座らないと、尾てい骨に激しい痛みが走って立とうとする時にも激しい痛みが襲ってしまう・トイレで排泄する時にお尻に力を込めた時に激しい痛みが走ってしまう、等です。

これらの原因を、まず鍼灸医の視点から考察してみた結果から述べていきましょう。尾てい骨の周りには、骨盤低筋と俗称で言われているペン状の長さ程の何本もの筋が起始しています。その部分を押すと激痛が走る、という事は、筋膜や筋が損傷している事も考えられますので、できるだけ尾てい骨付近に激しい痛みが走らない動き・姿勢・冷湿布・アイシング等をご自身で試してみる事がおススメです。鍼治療は即効性があり、効果も割と早く出てきます。

次に、整骨医の視点から考察してみた結果を述べていきましょう。尾てい骨の近くには、馬の尻尾によく似ていて細い神経の「馬尾神経」があります。例えば、Aさんがお腹の具合があまりよくないという体質ならば、上半身を前に倒しながらお腹に力を込める姿勢で排泄する…といった時に、おそらく馬尾神経が圧迫されてしまい、尾てい骨の辺りに激しい痛みがでてきまったモノ、と考えられます。治療法としては、下手に腰を揉みほぐしたりせずに、直接患部に触れずに患部以外の全体部分を診察して下さる整形外科等のMRIで撮った上での治療方法がおススメです。

如何だったでしょうか?このように、二つのタイプから考察しても、尾てい骨による腰痛というのは、一筋縄ではいかないモノである、という事が挙げられます。

それでは、どうしてお尻の先が痛くなってしまうのか?という視点から考察しておく事にしましょう。

お尻の尾てい骨の周りには、仙骨と寛骨があります。実は、この仙骨と寛骨に付いている仙棘靭帯や仙結節靭帯等が骨盤帯が捻じれを起こしてしまって尋常ではない緊張状態になってしまった結果、お尻に激しい痛みを覚えてしまう事が原因、と考えられています。この仙棘靭帯や仙結節靭帯が尋常ではない程に緊張状態になってしまうのかと言うと、骨盤が歪んでしまうと仙腸関節が滑走不全を引き起こしてしまった結果、仙骨と寛骨の本来の働きに弊害が出てしまう為、関節の滑らかな動作が消えてしまい、靭帯や筋は緊張状態を引っ張られた感覚が一緒に起きてしまい、筋靭帯で炎症が起きてしまう事が原因である、と考えられています。

これは、腰痛を引き起こされるパターンが尾てい骨に激しい痛みが引きおこされるパターンと同じように、筋や靭帯の緊張が走る状態の具合にそのまま当てはめる事ができるのです。尾てい骨による腰痛の症状が起きてしまう原因は、日常生活で見ると、飲食関係・警備員等の立ち仕事が多い方や、デスクワークが多い方に多いとされています。

治療法としては、まだ痛みが始まって間もない初期の段階であるならば、近くの信用あるカイロや整体院等でも、十分な治療が可能とされています。もし痛みが長期的な場合は、仙腸関節に詳しい病院をおススメします。

腰の痛みにおすすめ!こんなに豊富なコルセット

腰痛ベルトと、似て非なるモノといえば、まず何を連想するでしょうか?そもそも腰痛ベルトとは、腰の痛みを少しでも和らげる為に装着されるモノです。もう一つの腰痛ベルトと似て非なるモノの答え。それは即ち、「コルセット」です。では、ここでは腰痛ベルトとコルセットの違いと二つの違いについて、詳しく探していってみる事にしてしましょう。

そもそも、「腰痛ベルト」とは、慢性的に引き起こされる腰の痛みに対応する為に市販されているゴム製の素材等が使われているので、慢性的な腰痛にその効果は抜群です。

これに対して、「コルセット」とは、ある時に突然突発的に引き起こされてしまったぎっくり腰等の急激な腰の痛みに対応する為に整形外科等で使われている剛性支柱を有している医療用のモノが使われているので、ぎっくり技師・すべり症・椎間板ヘルニア等の急性的な腰痛にその効果は抜群です。

ここで、知っておかなければならない注意点があります。それは、腰痛ベルトもコルセットも、患部に装着したから「椎間板ヘルニア」が治る、という訳ではない、という事です。腰痛ベルトやコルセットに共通する点は、あくまでも体幹の動作に痛みが起きてしまう姿勢や動作をとらない為に制限する・体を支えている背筋・腹筋を補助する為のモノ、という事を頭に入れておきましょう。

それと、もう一つ注意しておくべき点があります。それは、腰痛ベルトもコルセットも長期間患部に着けておくべきモノではない、という事です。具体的に言えば、腰痛ベルトやコルセットを付けてから大体三カ月程度が目安になってきます。

それでは、なぜ腰痛ベルトやコルセットを長期間つけない方がいいのかというと、その理由は長期間着けている間に体に思わぬ影響が起きてくるからなのです。腰痛ベルトやコルセットを長期間着けている事によって、逆に体の筋力が著しく衰えてきてしまったり・長期間締め付けてつけている事によって体の血液の循環が悪くなってきてしまう、という悪影響を及ぼしてしまうからなのです。腰痛ベルトやコルセットを着ける時には、体型や体の状態等の必要に応じて、こまめに外したり・緩くしておく、等の方法も行っていきましょう。

次に、急性的な腰痛を引き起こってしんまった人の為に、コルセットを選ぶ事にしてみましょう。まず、コルセットには、「軟性」と「硬性」の二つの種類があります。

軟性タイプのコルセットは、ぎっくり腰・痛み歩行等の日常的な基本動作が困難になってしまった、という時に、使う事ができます。軟性タイプのコルセットは、布等でできていて弾力性に優れたモノです。

硬性タイプのコルセットは、腰の痛みがひどくて立ち座りの動作が辛い人や、手術後に腰椎を固定しなければならない人に使われています。プラスチックや金属で作られており、主に外科治療で使われています。

ここで、豊富なコルセットの選び方について紹介していきましょう。

1スポーツ用コルセット
縦横に伸びる素材で作られています。まるでテーピングみたいな装着感・固定力を持つ機能のモノがありますので、スポーツで腰痛になった時に適しています。

2軽めの腰痛
それなりにある程度固定力があり、日常生活の動きに支障を与えず動きやすさに優れたコルセットです。

3中程度の腰痛
少し細めで腹圧を逃さず固定できる、慢性的な腰痛に対応しているコルセットです。

4重度の腰痛
動きの制限を重点に置いており、幅が広く固定力に優れているコルセットです。主に、急性的な腰痛に適しています。

風邪は万病のもと!なんとそれは腰の痛みにも当てはまる

ハックション!と、風邪を引いてしまった時に、ふと腰が痛くなってしまった…。貴方は、そのような経験はおありではでしょうか?風邪と腰の痛み…この二つのキーワードは、一見何の関係も見当たらないように見えるでしょう。それは、「何故風邪を引いているのに、腰の痛みが関係あるの?」と、疑問が湧いてくる…ごく自然な事でしょうね。しかし、風邪には「風邪は万病の元」という言葉がありますよね。そうなんです…実は風邪を引いてしまった時に起きてしまった腰の痛みも、実はとてつもない因果関係があるのです。一体それは、どのような関係なのでしょうか…?そこで今度は、この風邪と腰の痛みについて、色々な視点から検証していってみる事にしてみましょう。

ここで、風邪による腰の痛みについて、まずは掘り下げていってみる事にしてみましょう。そもそも風邪によって引き起こされてしまう腰の痛みというモノは、主な原因として体の筋肉が弱まってきている状態が既に証明されてしまっている、という事なのです。

風邪を引いてしまった時の体の状態とは、体力が大きく低下して落ちてしまっている状態にあり、それに比例して体中の筋力が大きく低下して落ちてしまっている、という状態にあるのです。そして、風邪の症状が進行していってしまいますと、高熱を出してしまったり・しばらく寝たきりで寝床から起き上がれなくなってしまったり・横になり安静にしている状態が続きます。この状態が長引けば長引く程に、何よりも起き上がる時に必要な筋力である足の筋肉や腰の筋肉が著しく衰えていってしまうのです。しかもこれらは特別ない起きる類の症状ではなく、風邪を引いてしまった時に引き起こってしまう腰の痛みの時に、よく起きてしまう症状なのです。

このように、風邪による腰の痛みの大半は風邪からきている腰痛なのです。例えば、風邪を引いて仰向けで寝込んでいる一定期間、氷嚢を使っていると、寝具はどんなに厚めの寝具でも固くなってきてしまいます。また、寝具が普段より重くなり過ぎてしまった結果、寝具が重みをもち過ぎてしまい腰にきてしまう…といった事も風邪からくる腰痛には起こりうる事態と言えるのです。

これらの症状は、風邪のウイルスで体は体力と筋力を著しく消費しているという状態なので、ここに風邪のウイルスがつけこんできて風邪による腰痛が引き起こされてしまうのです。また、熱が高ければ高い程、体のあちらこちらの関節が痛んできてしまいますので、それに比例して腰の痛みも危ないモノになってきてしまうのです。

もし風邪からきている腰の痛みを治すには、医師に診断して貰った上で、適切な薬を処方して貰い、風邪を治す事が一番の回復方法なのです。しっかりと治療に専念すれば、いずれは体力も回復と共に腰の痛みも同時に回復されてくるはずです

ここで、風邪薬の注意しておかなければならないところについても、考察していきましょう。

もし薬剤が過剰気味なモノであれば胃にも負荷がかかってきてしまいますので、できれば鎮痛剤等の他の薬と一緒に処方しない事です。

しかし、妊婦が風邪を引いた場合は、風邪薬を処方する事は禁物です。でもそれは、お腹の中にいる赤ちゃんへの影響の点から考えて薬を処方しない方がいい、という場合もあります。しかも、妊婦の骨盤は出産に向けての準備で多少緩んでいる状態にありますので、少しの負荷が腰の痛みの症状を悪化させてしまう事も起こりかねないのです。

風邪による腰の痛みを避ける為に、普段から発熱による関節痛なのか筋力の衰えによるモノなのかをしっかりと見極めましょう。

知られざるネイリストの悩み「腰痛」

あまり知られていませんが、ネイリストの悩みの一つとして腰痛があります。目の疲れや肩の疲れなどは皆さん想像に明るいとは思いますが、意外にも腰痛に悩まされれているネイリストの女性は多いと効いています。統計はとっていませんが、全体の9割のネイリストの方が腰痛にや生されている、もしくは腰痛の気配がすると感じていることがアンケートによってわかりました。名古屋でもこのことに早くから気付き始め、ネイルサロンを名古屋市で探すならryoネイルがいいよ。と専らの噂になっています。